スキミング防止RFIDブロッカー機能付きのカード&小銭入れ『ETHNOTEK コヨパ ポーチ』 Published : 2019.01.17


コヨパポーチは、小銭・お札・カードの収納に最適な小型ポーチです。バリスティックブラック以外は ベトナム・インド・ガテマラ・ガーナと、各国の織りや染め、職人の渾身の技術を活かしています。そのため柄によってお値段が変わります。

内部はカードのスキミング被害を防止するFID Blocker内蔵。ハニカム構造の耐水性ナイロンライニングを施し、カードスロット付きのセンターディバイダーでカードの管理も簡単です。

またポケットなどに入れやすいように背面はネオプレーン素材を使っているのも特徴です。伝統的な生地と最新の素材が合わさった小型ポーチです。

詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア エスノテック コヨパ ポーチ
ブランドサイトはコチラをご覧ください。
Ethnotek(エスノテック)
1610_ethnotekrogo_

ETHNOTEK シクロ トラベルスリング Published : 2019.01.16


シクロ トラベルスリングは、ロールトップ式で小型のショルダーバッグ。ウエストバッグとしても使用できます。ロールトップ式は面倒と思いきや、このバッグはサイドジッパー部分からバッグ内部へアクセスできます。ロールトップ式は雨に強く、伸ばして荷物が増えても対応できるのが特徴です。

背面にはジッパーポケットがあり、スマートフォンや貴重品を収納することが可能です。詳細はオフィシャル動画でご確認ください。

A&Fオンラインストア エスノテック シクロトラベルスリング

1610_ethnotekrogo_
ETHNOTEKの『バグースバムバッグ』Mサイズ Published : 2018.11.30


ショルダー、ウエストで使用出来る2ウェイファニーパックです。 ちょっとした外出やサイクリング、旅行やミュージックフェスなど、移動時に貴重品を身体の近くに留めたいときに最適です。製品名に使われているBagus(バグース)とはインドネシア語で「良いや上質」という意味を持っています。

ショルダーストラップは高強度のナイロンウェビングを使用し、デュアルスライダーで簡単に長さ調整が可能ですので、ウエストに巻いたり、斜めがけにしたりポジションを簡単に変更できます。

体に当たる背面側にはパスポートや現金、チケットなどを入れられるシークレットジッパーポケットがあり、メインコンパートメントには耐水性を持ったライナーを使用し、メッシュポケットとキーチェーンクリップが備わっています。ウォレット、サングラス、スマートフォン、イヤホンなど、日常で使用頻度の高いものを入れるのに十分な容量です。
詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア ETHNOTEK ショルダー/ウエストバッグ
A&Fカントリー昭島アウトドアヴィレッジ店ブログでも紹介しています。
エスノテック新商品のご紹介【昭島アウトドアヴィレッジ店】
ブランドサイトはコチラをご覧ください。
Ethnotek(エスノテック)
1610_ethnotekrogo_

旅行に最適なショルダーポーチ『ETHNOTEKのコヨパ ミニメッセンジャー』 Published : 2018.08.22


ETHNOTEK エスノテック コヨパ ミニメッセンジャーは普段使用から旅行先まで、とても使いやすいショルダーポーチです。ショルダーストラップは取り外し可能なので、ポーチ単体としての使用もできます。背面には洗面台等に引っ掛けられるバックルもあり。内部はパスポートやチケットを入れるのに便利なスリットが付き、中身の確認が容易に出来るメッシュポケットも備わっています。

サイズはH23.5×W15×D8cm、容量は3リットル。耐水性ハニカムナイロンリップストップを使用したボディは形がしっかりとしていますので、カメラやスマートフォン、財布の取り出しが容易です。

コヨパとはマヤ文明にて雷神を表す言葉です。日本限定展開商品。
詳細はコチラをご覧ください。
A&Fオンラインストア エスノテック コヨパ ミニメッセンジャー
※パターン生地を使用しているため、商品によってパターン位置に個体差がございます。予めご了承下さい。商品写真は代表パターンとなります。
※カラーによって販売価格が変わりますので、ご注意ください。
ブランドサイトはコチラをご覧ください。
Ethnotek(エスノテック)
1610_ethnotekrogo_

『Local Green Festival』に出展いたします。 Published : 2018.08.21

『Local Green Festival』に出展いたします。

9月1日(土)・9月2日(日)横浜赤レンガ地区野外特設会場にて開催される『Local Green Festival』に『klean kanteen』と『ETHNOTEK』で出展いたします。

『Local(地元の)Green(緑)を大切にしよう』 「山を綺麗にすると海が綺麗になる」 「地球が綺麗になれば、もっと楽しく、もっと美味しく、生活が豊かになる」 そんな考え方を基に、持続可能な活動で未来に綺麗な地球を残したい、 それが『Local Green Festival』のコンセプトです。

「グリーン」がコンセプトの新しい秋フェスLocal Green Festival開催決定!
横浜赤レンガ倉庫がボタニカルガーデンに変身し、3つのステージ、30組のミュージシャン・DJによるライブ、ボタニカルショップがたくさん集まった日本最大級のグリーンマーケット、地元の食材を使ったローカルフードコートも充実したグリーンとグッドミュージックに包まれる2日間。

『Local Green Festival』公式サイト:

http://localgreen.jp/

開催概要
開催日程:2018年9月1日(土)・9月2日(日)
開催時間:11:00開場・12:00開演
開催場所:横浜赤レンガ地区野外特設会場
主催:Local Green Festival 実行委員会

“kleankanteen(クリーンカンティーン)について”

kleankanteen(クリーンカンティーン)は2004年の創立当初より健康を意識した人々へ安全でエコフレンドリーな製品を提供する事を考えてきました。プラスチックやアルミボトルに代わる、高い安全性や、強度を誇るハイクオリティー18/8食品規格ステンレスを使用して、人と地球にやさしい長く使い続けられる製品を創り続けています。
又、高品質で安全なボトルを作るだけでは無く、土壌汚染や水質汚染を減らす為の研究や教育、活動を行っている自然環境を保護する為に働いている団体を支援しています。
2008年に、クリーンカンティーンは1% For The Planet に登録し、以来、地球環境の保護と改善のための非営利活動に、年度売上げの1%を寄付しています。又、2012年、クリーンカンティーンは環境や社会に配慮した事業活動を行っている企業に与えられるアメリカの民間認証で知られるBコーポレーションの認定を受けました。

“ETHNOTEK(エスノテック)について”

文化を生かし続ける:
織工と職人に共通している事実とは、彼らの手作りする品が廃れつつあるということです。製作期間が長く量も少ないため、現地での需要は年々減り続けています。伝統技法は機械や主要都市の工場での作業へと急速に取って代わられ、最も仕事を必要としている地域の仕事量が激減し、産業は縮小しています。ETHNOTEK(エスノテック)はこれら伝統的な手作り品の需要を新たに掘り起こすことで、職人たちの生活の維持や彼らの出身の村の存続に尽力しています。